SECUREMATRIX V10とは

SECUREMATRIX®V10は、今後重要な成長領域と見られるIoT(M2M)・AI(人工知能)・フィンテック・仮想通貨・第四次産業革命に対応する国内自社開発したワンタイムパスワード製品です。パスワード生成専用アプリ、デバイスなどを使用せず認証強化を提供します。これらのユーザーインターフェースは利便性を提供するほか、ユーザーが記憶可能なパターンによりワンタイムパスワードを生成します。「マトリクス認証®」は、高いセキュリティーレベル、利便性の向上、CAPEX・OPEX削減に寄与し、お客様のTCO削減を実現します。

SECUREMATRIX V10 3つの特長

マトリクス認証[安全・安心]
高い安全性を保ちながら、周知徹底が難しいパスワードのセキュリティーに関する運用ルールは簡潔で、ユーザーにもわかりやすく、スムーズに導入が可能です。詳細はこちら
フェデレーション[統合・運用性]
各サービスおよびシステム毎のID・パスワードを統合し、利便性を損なうことなく強固なセキュリティーレベルをユーザーへ提供します。詳細はこちら
コネクティビティー[連携・接続性]
主要なハードウェアベンダー、ソフトウェアベンダーおよびクラウドサービスプロバイダーと親和性の高い連携を実現し、ICT環境への自由なアクセスとセキュリティーという相反する要求に応えます。詳細はこちら

マトリクス認証の基本手順

安全性が極めて高い「記憶」によって認証をおこなう画期的な方法です。 覚えるのは「パターン」と「入力の順番」のみです。

1ログインIDでログイン

あらかじめ設定したログインIDを入力します。

2マトリクス表が表示されます

マトリクス表はアクセスするたび、ランダムに異なる数列が表示されます。

■マトリクスからの入力例

3あらかじめ登録したパターンの数字を順次入力

表示されたマトリクス表からパターン上の位置を見ながら登録した順番どおり入力。 (赤矢印の位置と順番を登録した場合の例)
表示されるマトリクス表から選ばれるパスワードは1度だけの入力に対応します(使い捨てのワンタイムパスワード)。毎回同じパスワードを入力しないので安全です。

4認証成功

目的の情報にアクセスできるようになります。

動画で見る SECUREMATRIX V10 の設定方法

SECUREMATRIX V10のサービス

安全性が極めて高い「記憶」によって認証をおこなう画期的な方法です。 覚えるのは「パターン」と「入力の順番」のみです。

クラウドサービス
SECUREMATRIXV10 クラウドサービス
プロフェッショナルサービス
安心・安全な導入、移行、運用を実現

 

サポートニュース