コンプライアンスについて

品質方針

当社は、ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中、お客様の多様なニーズを満たすため、提供するサービスの品質に対して次の通り実行します。
  1. お客様にとって安全かつ安心で、満足できるサービスを提供します。
  2. お客様にとって使いやすいサービスを提供します。
  3. 品質マネジメントシステムのプロセスを継続的に改善し、サービスの品質向上に努めます。
  4. 常に最新の技術を習得し、サービスの品質拡充に努めます。

情報セキュリティ方針

株式会社シー・エス・イー 代表取締役社長 小島 貴

当社は、お客様からお預かりする情報を含めた全ての情報資産を適切に保護することが、自社の存続に関わる重要な経営課題と認識し、情報サービス、情報セキュリティのソリューション提供者として社会とお客様の信頼に応えるため、情報セキュリティ方針を定め、これを推進します。
  1. 情報セキュリティへの取り組み 情報資産を保護し、機密性、完全性、可用性を確実に保持するため、情報セキュリティマネジメントシステムの継続的改善を役員を含む全従業員で推進します。
  2. 法規制等の遵守 情報セキュリティに関する法令、規制、およびその他の規範を遵守します。また、お客様との契約事項や社内の情報セキュリティ関連規程及び運用手順書に従い行動します。
  3. 体制・教育 情報セキュリティ委員会を中心として、管理・教育体制を整備し、情報セキュリティの重要性を全従業員に周知徹底すると共に、業務に合わせた教育・訓練を計画的に実施することにより、セキュリティレベルの向上に努めます。
  4. 事故発生予防と対応 情報資産のリスクアセスメントを定期的に行い、情報セキュリティ事故の予防処置を講ずると同時に、万一事故が発生した場合には、是正処置を速やかに講じます。

環境方針

株式会社シー・エス・イー 代表取締役社長 小島 貴

当社は、地球環境の保全が最重要課題である事を認識し、情報社会へのトータルソリューション提供を通じて、将来世代に豊かな環境を残すために行動します。
  1. 環境マネジメントシステム 環境保全への取組みをマネジメントシステムの一環として取り入れ、そのマネジメントシステムの定期的な見直しと、継続的な改善を全社的活動として進めます。
  2. より良い環境づくりへの貢献 自らの活動及び製品・サービスの提供を通じて、環境保全を積極的に推進し、より良い地球環境づくりに貢献します。
  3. 環境負荷の低減と環境汚染の予防 環境負荷の低減のために、エネルギー利用の省力化と資源のリサイクル化及び、廃棄物の削減に取組み、併せて環境汚染を予防する取組みを行ないます。
  4. 法規制等の遵守 事業活動に関わる環境に関連する法律、規制、協定及び社会の環境負荷の低減に対する要求事項を明確にし、遵守します。
  5. 環境問題の啓発・教育活動 環境問題への取組みについて、全社員に対し啓発・教育活動を徹底して進めます。

個人情報保護方針

2010年 4月1日(改訂) 2003年10月1日(制定) 株式会社シー・エス・イー 代表取締役社長 小島 貴

当社はご意見・ご要望等で提供された皆様のお名前、会社名、電話番号、E-mailアドレスなどの個人情報を細心の注意をはらって取り扱われるべきデータと考え、その取得・保存・利用については厳重な管理の下に運用しています。 個人情報保護に関して国際的な動向にも配慮した自主的なルール及び体制を確立し、高度情報通信社会の健全な進展に貢献する為、日本工業規格の「個人情報保護マネジメントシステムー要求事項」を尊重し、次の通り個人情報保護に対する基本方針を定め、これを実行し維持する事を宣言します。
  1. 個人情報の適切な取得、利用及び提供を行い、目的以外の取り扱いは行いません。
  2. 個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどに関する予防措置を講じると同時に、不幸にしてこれらの問題が発生した際は速やかな是正措置を講じ実施するものとします。
  3. 個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。
  4. 個人情報保護マネジメントシステムの継続した改善を行っていきます。
  5. 本人からの個人情報に関するお問い合わせや苦情、開示等のご請求に対して、誠実かつ迅速に対応します。

プライバシーマーク

当社は、日本工業規格の「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」に準拠した個人情報保護に取り組んでおります。その一環として、2004年4月5日に一般財団法人日本情報経済社会推進協会が付与する「プライバシーマーク」を取得いたしました。