「CSE品質」マネジメント

品質方針

当社は、「世の中にお役に立てる情報を提供する」という創業精神のもと、情報サービスの提供を通じて、お客様やパートナー様と協創しながら安全で豊かな情報社会づくりに貢献していきます。「お客様満足」及び「生産性」の向上に努め、ソフトウエアの開発プロセスだけではなく、サービスや業務の品質を継続的に改善し「CSE品質」を高め、社会やお客様の多様なニーズに応えてまいります。

  1. 1.お客様満足
    お客様にとって安全かつ安心で、満足できるサービスを提供します。
  2. 2.CSE品質の向上
    各組織やプロジェクトで生産性(時間採算)を見える化し、目標を定め、CSE品質=「開発品質」、「業務品質」、「情報セキュリティ品質」の向上と効率化を図ります。
  3. 3.品質マネジメントシステムへの取り組み及び継続的改善
    品質マネジメントシステムの体制を整え、プロセスを継続的に改善します。
  4. 4.教育・トレーニング
    お客様に喜んでいただけるよう、常に基本スキル向上と最新の技術習得に努めます。
  5. 5.品質窓口
    品質に関するお客様窓口を設け、お客様のご要望を把握し、適切かつ迅速に対応します。

品質に関するお問い合わせ窓口

品質向上委員会 委員長 道満 政人
お問合せ先: E-mail:quality@cseltd.co.jp

お客様満足度向上への取り組み

お客様への定期的なアンケート調査を実施し、満足度を『見える化』しています。お客様やパートナー様との事業活動で頂いたご要望やご意見を集約し、迅速な対応を心がけ、お客様満足度向上に努めてまいります。

生産性向上への取り組み

当社では「時間採算(利益/労働時間)」の考え方を全社的に取り入れ、生産性を『見える化』しています。各組織やプロジェクトが1時間当たりにどれだけの付加価値(利益)を生み出すことができるかを生産性の指標とすることで、少ない時間で効率よく仕事ができるように継続的な改善に努めてまいります。

プロジェクトマネジメントの取り組み

全ての案件をプロジェクト化し、リモート環境でもプロジェクトマネジメントが行えるよう、PMBOKをベースとした独自フレームワークに沿って、プロジェクトを『見える化』し進捗を管理しています。第3者の視点を取り入れ、PMOによるプロセス毎のチェック、定期的な内部監査やマネジメントレビューを実施し、プロセス改善に努めてまいります。

スキル向上の取り組み

毎年ITSS(ITスキル標準)調査を実施し、スキルを『見える化』しています。スキルデータを元に、上長との1on1面談を通じて個人目標を設定し、階層別の研修やオンライン学習なども活用しながら、計画的なスキル向上に努めてまいります。