ご購入・ライセンス

SECUREMATRIX 旧バージョンのEOSLに伴い、
期間限定でお求めやすい割引プランをご用意しております。
是非この機会にアップグレードをご検討ください!

SECUREMATRIX
アップグレードキャンペーン

対象:SECUREMATRIX Version3.8~V10をご利用のユーザ様
期間:2020年3月31日まで

ソフトウェアライセンス価格 × 80% OFF
(アップグレード優待価格50% + キャンペーン30%)

※保守サポートは通常価格となります。※サブスクリプションライセンスへの移行は対象外となります。

評価ライセンス

SECUREMATRIXは、パートナー様を通じたライセンス販売となっております。
ご購入やお見積りは、パートナー様にお問い合わせください。

ソフトウェアライセンス

ソフトウェア費用と保守サポート費用を別々にご購入いただくライセンスです。
初年度はソフトウェア費用と年間保守サポート費用が必要で、次年度以降は年間保守サポート費用のみで更新する料金体系です。

サブスクリプションライセンス

初年度から一定の費用でご利用いただける保守サポート込みの料金体系です。年間でのご購入となります。

評価ライセンス

評価版ソフトウェアを無償で30日間お貸出しております。お気軽に「SECUREMATRIXお問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

メジャーバージョン
(アップグレード)について

メジャーバージョン(V10、V11)へのアップグレードは、
新規ライセンスのご購入が必要となります。

メジャーバージョン(アップグレード)について

販売・サポート期間について

製品ライフサイクルと保守サポート

SECUREMATRIX V11より、以下のように製品ライフサイクルとサポートポリシーを定めます。

製品ライフサイクル
製品ライフサイクル
EOL/EOSLの定義

販売終了(EOL : End-of-Life):該当バージョンの販売終了(EOL)とします。※製品出荷開始(GA)後3年でEOLとなります。
サポート終了(EOSL : End-of-Support-Life):製品出荷開始後5年でスタンダードサポートを終了とします。
パーシャルサポート終了:製品出荷開始後7年でパーシャルサポートを終了します。

※既存の複数年保守は本EOSLの対象外とし、締結済みの保守契約に基づく保守サービスを契約期間提供します。

EOL/EOSLスケジュール

旧バージョンを含めた、サポート期間は以下の通りです。旧バージョンでのパーシャルサポート期間終了後は、「CSEプロフェッショナルサービス」として個社対応の有償サポートとなります。

バージョン 販売開始 販売終了 スタンダード
サポート終了
リミテッド
サポート終了
パーシャル
サポート終了
備考
V11.×.× 2018/7/4 2021/7/31 2023/7/31 2025/7/31  
V10.×.× 2016/8/31 2018/8/31 2019/8/31 2020/8/31 2023/8/31  
4.1.0 2015/9/15 2017/3/31 2018/9/15 2022/3/31  
4.0.0 2014/12/22 2015/09/15 2017/12/22 2018/8/31  
3.9.0 2014/7/31 2014/12/22 2017/12/22 2018/8/31  
3.8.0 2013/12/20 2014/7/31 2016/12/20 2018/8/31  
3.7.0 2013/9/25 ライフサイクル終了

サポートの種類とサービス内容

  スタンダードサポート リミテッドサポート
※V11で設定が無くなりました。
パーシャルサポート
お問い合わせ受付
障害解析
(対応が必要とメーカーが
判断した場合)

(既知の問題のみ対応)
セキュリティ脆弱性対応
(IPA基準で「危険」相当の
重大なセキュリティ脆弱性のみ)
×
パッチ
(対応が必要とメーカーが
判断した場合)
×

※上記サポートはいずれも、有効なサポート契約(サポートライセンスを含む)を持つエンドユーザー様が対象です。
※上記パッチについては、製品の不具合であり、現実的に修正可能な場合に提供します。